« 中村屋のおばあちゃん その2 | トップページ | 名画盗難について »

『つむぎ』

 ちょっと醒めた君

僕は

冷える手を握っていた

そして

君の笑顔を引きずり出そうとした

 いやらしく醜く過ごす俺

どうか貴女だけは美しくいて

 ちょっと酔った僕

君は

温かい声でたしなめていた

そして

僕の力を引きずり出そうとしてくれた

 時折、

何でこんな想いになるのかと思うよ

人を愛するっていうのは

いったい

どういうことなんだろうな・・・

 俺には何が出来るんだろう?

君はどう思う?

 けれど

俺には

捨ててしまったことが多いし

忘れたことも多すぎる

 俺達は何のために

いったい

何のために努力しているんだろうな?

 人はただ

バラバラになりそうな想いを

ただ

 ただ

つむいでいる

 つむいではゆき

つないではゆき

それだけに全てを賭ける

 きっと

二人は

『何か』

をつむぐことによってしか

強くはなれないんじゃあないのか?

|

« 中村屋のおばあちゃん その2 | トップページ | 名画盗難について »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/54006270

この記事へのトラックバック一覧です: 『つむぎ』:

« 中村屋のおばあちゃん その2 | トップページ | 名画盗難について »