« パソコンと眼と肩と腰 | トップページ | 毎週寿司を出されて »

「しったか」の値段

 先程まで、私の両親と愛犬の弥七君が、とある漁師が経営する海岸のお店まで、新鮮な魚介類を求めて出かけていた。たまに私が同行することもあるのだが、大体、二ヶ月に一回くらいの頻度で出かける。購入するものは、主に、いか、アジ、サザエ、カサゴ、しったか、などである。両親は既に顔なじみになっているのか、おまけに野菜などもくれるらしい。魚介類は、購入時には生きており、新鮮な状態であるから、すぐに調理したものは抜群においしい。贅沢といえば贅沢だが、原価で買えることを考えると、案外そうでもないのである。

 「しったか」というのは巻き貝である。多分、高級料亭などに卸されるのではないか。我が家では味噌風味で食べるのだが、酒の肴には最高である。針で貝殻から実を取り出すのだが、上手く取るコツは、針で回そうとせずに、貝殻の方を回すことだと、母から聞いた。

 問題は、この「しったか」の値段である。大小様々あるが、原価で買うと、1.5Kg(普通の鍋で下から三、四分目位の量、余裕で100個はある)が3300円なのである。しかし、これが流通ルートに乗ると、値段が跳ね上がる。近所のデパートの食品売り場では、十個で1000円するそうである。・・・つまり、巻き貝一つが100円ということであり、とてもじゃないけれど手が出せない。単純計算で価格が三倍になっている。ましてや、料亭などで食べたら、もっと行くのではないか。・・・他の魚介類にしても、新鮮で、安く、おいしいことを考えたら、わざわざ車で買いに行くのも、まんざら損とは言い切れない。どころか、得していると思う。・・・って、あんまり損得勘定で物事を考えてはいけないが。

|

« パソコンと眼と肩と腰 | トップページ | 毎週寿司を出されて »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/54006329

この記事へのトラックバック一覧です: 「しったか」の値段:

« パソコンと眼と肩と腰 | トップページ | 毎週寿司を出されて »