« 名画盗難について | トップページ | A級 »

鯛の絵を骨から描く子供

 私は絵を観るのも好きだが、描くのも好きである(最も、最近は暇と機会がないが・・・)。高校で、「書道」「音楽」「美術」から選択するときも、迷わず「美術」を選んだ。中学の頃から美術の先生にはかわいがられていた。私の描く絵が、何故か気に入った様子であった。そんな中でも、風景画が特に好きだった。コンクールに出品するぞ」と言われたこともあった。ただし、デッサンは余り上手くないな」とも言われた。

 物心が着くか着かないかの頃、私は、両親から与えられたクレヨンで、いろんな絵を描いていたらしい。私には余り記憶がないのだが、両親がビックリした絵があったらしい。何でも、鯛の絵を描くのに、まず骨を描いて、身を描いて、そうしてから赤く塗ったらしいのだ。そういえば、たしか骨は黒で描いた。重ねて塗れるのもクレヨンの強みだろう。・・・というより、この経緯は、私の性格を物語っているのかも知れない。しばらく居間の壁に貼っておいたそうだ。

 まもなく幼稚園に入ると、両親は私に絵を習わせた。やっぱりクレヨンなのだが、いろんなものを描いたらしい(記憶があまりない)。幼稚園の先生がテーマを与え、後は、子供の好きなように描かせる。私は、先生が「好きな乗り物を描きなさい」というとき、「観覧車」を描いたらしい。「一番好きなものを描きなさい」というとき、「親父の顔」を描いたらしい。両方とも、今は無いし、記憶にないのだが、いつも迎えに来てくれていた母親は、「褒められたことしかない」と言っていた。

 そんなこんな言っても、もう、何年も絵を描いていない。「昔取った杵柄」も、今では通用しないだろう。離れすぎた。せめて文章に還元できるといいのだが。

|

« 名画盗難について | トップページ | A級 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/54006272

この記事へのトラックバック一覧です: 鯛の絵を骨から描く子供:

« 名画盗難について | トップページ | A級 »