« 問題あるもの | トップページ | ニュートンとライプニッツ »

袋田の滝

 今回の旅で、日本三名瀑の一つである、「袋田の滝」を観るべく、昨日、半日ツアーのバスに乗った。この滝は茨城県にあるのだが、なんでも、昔、西行法師がたいそう気に入ったらしく、「四季に渡って鑑賞するべき滝」と言ったそうである。また、滝そのものは、長さ120m幅73m、滝川が四段にわたって落ちるとのこと。私はワクワクしていた。と、同時にカメラを忘れたことを後悔していた。

 昼頃に到着し、細く長いトンネルを歩いた末に展望台があった。滝は真ん中あたりが微妙に凍ってはいたが、何段にも渡って、まさしく『川』の字のように水が落ちてきていた。落ちると言うより、滑り落ちるという感じであろうか。・・・ただ残念だったのは、展望台が、あまりに滝に近すぎて、思いの外アングルが悪かったことである。四段全てが見えずに、一番下から三段目位までを見るのがやっとであった。

 これで、「華厳の滝」「那智の滝」と合わせて日本三名瀑は制覇したのだが、それぞれに個性があるのが面白い。「華厳の滝」には迫力と厳しさを感じる。「那智の滝」には絹糸のような繊細さがある。「袋田の滝」にはさらさらとした女性らしさを感じた。

|

« 問題あるもの | トップページ | ニュートンとライプニッツ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/54006326

この記事へのトラックバック一覧です: 袋田の滝:

« 問題あるもの | トップページ | ニュートンとライプニッツ »