« アイスホッケーその6 | トップページ | アイスホッケー その8 »

アイスホッケー その7

 その晩は何か芸を披露する会だった。とてもじゃないが行く気にはなれない。何故かビールが売り切れの自動販売機を尻目に日本酒を買って、一年の男友達の男部屋に行く。・・・まもなく寝る。・・・・・・あ~~お前だと思った・・・クラ友が戻る。日本酒を携えて、まあまあ」と言って注ごうとしてもグラスがない。部屋から持ってくる」と言って私は裸足で戻った。

 部屋に戻ると異常にスリッパが多い。何なんだよと思って襖を開けると、男女が二十人以上いた。『は?』と思ったら、友人の恋人とかがいる」と認識し、襖を開けた瞬間にビールがこぼれた娘がいる。「大丈夫かい?ごめんね」「ちょっと失礼」などと言いながら、奥の間で自分の寝間着に着替える。そうして煙草を吸い、様子を見る。すると、同部屋のホッケーでライバルチームだった奴が、

「おまえ、ビール飲みたくねえか?」

と言う。ああ」と言うと、売って無かっただろ」と言う。

「俺が買い占めたからだ」

 と言う。こんな馬鹿がいていいのかと思ったのだが、部屋の女の子達は醒めている。

|

« アイスホッケーその6 | トップページ | アイスホッケー その8 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/54006281

この記事へのトラックバック一覧です: アイスホッケー その7:

« アイスホッケーその6 | トップページ | アイスホッケー その8 »