« 和服美人 | トップページ | ヒラリー・クリントンについて »

ダイエットの苦しさ

 正月からサントリーの黒ウーロン茶を飲みながら、ほとんど野菜ぐらいしか食べずに、減量してきた。三週間で6Kgぐらい落としたのだが、ついに昨日、体が悲鳴を上げた。ここ数日のストレスも影響したのかも知れない。眠ろうと思っても眠れなかった。

 昨日の晩、野菜炒めを食べたのだが、全部食べられなかった。それどころか、嗚咽しそうになった。無理なダイエットとは解ってはいたが、私は冬に太りやすい傾向である。自らの危機感からとはいえ、もう少しで「病院で点滴」状態だった。

 ダイエットを始めて数日は、ほとんど何も採らなかった。それで三週間持ったのだが、ついには頭の方がボヤーっとしてきて、神経ばかりがピリピリしだして、眠れなくなった。で、昨日まともな食事を採るも、やっぱり野菜・・・

 体験してみて解ったのだが、ボクサーは凄いと思う。減量した挙げ句に、闘うのだから。たしか、ガッツ石松氏が1~2ヶ月で17Kg落としたと聞いた。でも、氏が言うには、「素人が真似したら、絶対に体をこわすから、やるな」とも語っておられた。

 ダイエットしたはいいが、一番恐いのはリバウンドである。そうなったら元も子もない。それだけは気をつけたいが、思い出すのは、やはり、「あしたのジョー」で、力石がご馳走を前にリンゴだけをかじるシーンや、水道の蛇口に針金を巻き付けていたシーンである。

|

« 和服美人 | トップページ | ヒラリー・クリントンについて »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/54006218

この記事へのトラックバック一覧です: ダイエットの苦しさ:

« 和服美人 | トップページ | ヒラリー・クリントンについて »