« Carl? | トップページ | 朝青龍の立ち合い »

母はペーパードライバー

 もう何年前のことになるかはよくは覚えていないが、母親が車の免許を取るべく教習所に通った。送り迎えとかしながら、運転のコツを気が付く限りに教えてあげたものである。皆さん知っての通り、自動車の免許を取ろうと思ったら、学科と実技の試験がある。私が取った頃は、六ヶ月以内に取らないと無効になってしまう規則があったので、大学一年の時の春休みは、教習所通いだった。マニュアルで取ったが、残り二ヶ月で毎日通っていた。学科は、はっきり言って、一夜漬けでも合格する自信がある中、タラタラとやっていたのは相当辛かった。実技も、第一段階で、初めてマニュアルを運転するときに、一度だけ落とした。とは言っても、エンストさせたわけでもなく、何で落とされたのか納得がいかなかった。・・・私は教官を指名することはしなかったので、運が悪かったのかも知れない。卒業後の本番の試験でも、たしか95点だったと思う。

 そんな中、母は努力した。学科は教習所の中の誰よりも勉強していた。自習室でコツコツ努力したらしく、本番の試験でも私よりいい点数を取ったことを自慢していた。私はそこまでは出来ないが・・・。しかし、実技の方は大変だった。オートマ限定だったが、多分普通の人の倍以上時間が掛かったのではないか。教習所の車も二台壊していた。卒業検定の前にも、3ルート全てを走って、ポイントを教えてあげた。おかげさまで免許は取れたのだが、家の車庫は入れにくく、ぎりぎりである。一緒に乗っていても、一時停止を見落としたり、ミラーを観ていなかったりと、危なっかしくてしょうがなかった。

 そんな母は、軽なら大丈夫というが、事故が起きたときに軽は恐い。駐車場に入れられないのだから、運転するには無理がある。・・・現在ゴールドカードではあるが、ペーパードライバーになってしまった。

|

« Carl? | トップページ | 朝青龍の立ち合い »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/54006221

この記事へのトラックバック一覧です: 母はペーパードライバー:

« Carl? | トップページ | 朝青龍の立ち合い »