« 朝青龍の立ち合い | トップページ | 北の富士はもてるだろうなあ »

私を泣かせてください

 数年前の雪の降る日に

私は街をぶらぶらしていた

ある建物に入って

本を読んだりしていたら

ある階から

ピアノの音色が聞こえた

行ってみて

コーヒーを頼み

様子を見ていると

多分アルバイトだろう女の子が

静かにピアノを弾いていた

・・・私は耳を傾けた

しばらくして

その子の演奏には

「間」が欠けていることに気が付いた

どう思っても

どうしようもない

 まもなく

演奏が終わり

拍手に送られながら

彼女が去る

しばらくして

私は誰もいないピアノに近づき

譜面に目を通すと

最後の曲のタイトルは

「私を泣かせてください」

だった。

|

« 朝青龍の立ち合い | トップページ | 北の富士はもてるだろうなあ »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/54006223

この記事へのトラックバック一覧です: 私を泣かせてください:

« 朝青龍の立ち合い | トップページ | 北の富士はもてるだろうなあ »