« Echoes | トップページ | 古典の思い出 »

資本主義の終焉

 金を転がして、雪だるま式のように儲けようとしている奴らが増えすぎている。そいつらは、かつて、私腹を肥やすために弱い国を金で侵略した。・・・それが資本主義だと?ちょっと待てよ。俺にも言いたいことがある。

 お前らのやり方はかつてのナチを生む。乳母車一杯の紙幣で、大根一本しか買えなかった頃、お前らは何をしていたんだ?・・・今だってそうだ。金を持っていることをいいことに、世界中の全てを買いあさる気か?

 よく考えてみろ。お前らがやった後に残るのは、地球上の99%以上の人が苦しむっていうことだ。お札は桁ばかりが増えて、それでも店の値札には届かない。・・・言っておく。一生懸命働いて、汗をかいている人たちを踏みにじるな。お前らは何も生産していないんだぞ。

 いづれな、99%以上の人たちは音を上げる。生産しても生活は苦しく、子供など望めない。地球から新しい命が減ってゆく。やがて働く意欲さえ失せてしまって、生産が止まる。・・・そうなったら、お前らも滅ぶんだぞ。

 資本主義の終焉というのは、あまりに近いことなんだ。

|

« Echoes | トップページ | 古典の思い出 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

yoki様いつもコメントありがとうございます。コメントに対してblog一回分使おうと思いましたが、昔、「神は死んだ」というblogで説明しましたので止めておきます。現代は文明ばかりが先行して宗教・文化が廃れた時代。「神は死んだ」のではなく我々の文明が「神を殺した」のだと思います。現代哲学のキーワードは「金」になったと自分では捉えています。「金で地球が廻っている時代」なのだとも思います。・・・余りまとまっておりませんが。

投稿: Takehiro | 2008年1月10日 (木) 00時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/54006190

この記事へのトラックバック一覧です: 資本主義の終焉:

« Echoes | トップページ | 古典の思い出 »