« 機械科の女の子 | トップページ | 誕生日おめでとう、と言われても・・・ »

阪神大震災から13年

 阪神大震災の時、私は大学生であった。倒壊した高速道路、いつまでもやまない出火、ニュースでは確かに聞いていた。しかし、大学の授業はあったし、おまけに試験前でもあった。

 何年か経った後に、現在でも親交の深い、ある友人が、すぐさまボランティアにいったと聞いた。それを聞いた私は、驚きと共に、「なんであの時、俺には出来なかったのだろう」と苦悩した。苦しんでいる人たちのために頑張るなんて事は当たり前の事じゃないか。

 その後、何年も経った後に、私はあるボランティアに参加した。その時、阪神大震災で被害にあった方々が、有給休暇を取ってまで参加していた。阪神大震災の経験者の比率がものすごく多かった。おっちゃんたちは軽く「あの時は世話になったから」と言っていたが、『人は痛みを知った後でしか、人の痛みを解れないものなのかも知れない』とも考えさせられた。他にも、密度の濃い出会いが多かったが、自発的にボランティアに行ったという友人には頭が下がる。

 究極、ボランティアとは「電車の中でお年寄りに席を譲ること」と同じなのだ。それも本人次第である。そんな中で、都立校の科目に「奉仕」が義務付けられるという。確かに大切なことかも知れないが、ボランティアを強制すること自体はナンセンスである。・・・悲しいけれど、人間どうしの絆というものは、解る人にしか解らない。また、ボランティア精神というのは、そんなに安い物ではない。安易な気持ちで取り組むのはやめておいた方がいい。

・・・ボランティア活動に関してはまた書く。

|

« 機械科の女の子 | トップページ | 誕生日おめでとう、と言われても・・・ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/54006208

この記事へのトラックバック一覧です: 阪神大震災から13年:

« 機械科の女の子 | トップページ | 誕生日おめでとう、と言われても・・・ »