« サンタ狩り | トップページ | かわいい詩 »

一目千両

 私が子供の頃に、TVの「まんが日本昔話」で、「一目千両」という話をやっていた。柳田国男と関係があるのかどうかは知らないが、民話を主題にしている様だった。その中で、「一目千両」について書くと、ある田舎の若者が、一度観るだけで千両掛かるという美人が(たしか)京都にいると聞く。お金を貯めた彼は、数千両を持って、それを眺めに行こうと思う。そうして(たしか)京都に行くのだが、実際に千両払ってその美人を見る。しかし、ほかの客は「価値がない」と憤る中、彼はもう一度(千両払ってでも)彼女を見たいという。・・・そんな中で「一目千両」の女が、逆に、彼の嫁にしてほしいと頼む話だった。

 子供心にはわからなかったが、なかなか優れた民話だと思う。男の純情さと、女の(見栄が潜んでいる)本音とが、浮き出されるようだ。物語としても美しいオチである。彼は、本当に彼女に惚れたのだ。

 何でこんな話を思い出したかと言えば、先程、携帯である曲をダウンロードしていたのである。・・・よく考えれば、シングルも買うし、アルバムも買うから、三重にだぶるよな・・・とは思いもつつも、結局、ダウンロードしてしまった。携帯など、ほとんどいじらない私にとっては数百円でも痛手である。・・・好きな曲でも、流行に乗らないのが私の悪いところかもしれない。でも、それでも、「まあいいか」と割り切ることが多くなった。

 何にせよ、メッセージ性が強く、斬新な曲には、お金を惜しまないのも近年の傾向である。

|

« サンタ狩り | トップページ | かわいい詩 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/54006176

この記事へのトラックバック一覧です: 一目千両:

« サンタ狩り | トップページ | かわいい詩 »