« かわいい詩 | トップページ | 習字の思い出 »

ルー大柴氏について

 十数年前に関根勤と小堺一機のラジオの深夜放送で、ルー大柴と(振り付け師の)ラッキィ池田がちょこちょこ出ていた。当時の私は、どんな人なんだろう?と思っていたのだが、それからしばらくして、TVにも出演するようになった。インパクトが強かったが、私自身はラジオの影響もあり、すんなり入り込めた。ただ、芸風に個性が強すぎる面があったので、TVなどで他のタレントのキャラクターを殺してしまうのがまずい点だとは感じていた。たしか、「徹子の部屋」などの番組にも、当時も出ていた記憶がある。海外を放浪していた話などを聞いて、感心した記憶があるのだ。・・・だが、まもなくお茶の間から消え、みんな忘れていった。

 だから、今年の最ブレークは、とても嬉しかった。ブログも拝見しているが、TVでもよく見かけた。きっかけとなった「ルー語」なるものも、傑作だったし、「ルー語」をあら探ししても、ほとんど違和感が無く、しかも日本語とマッチしているのにも感心した。・・・しかし「ルー語」の難しさは、ルー大柴氏本人でないと面白くないというところにもある。

 また、NHKの「みんなのうた」でも「MOTTAINAI」で長く活躍し、「レッドホワイト(紅白)歌合戦を目指す」というのもルーさんらしかった。・・・だから、今年の紅白の出演者発表は楽しみだったし、落選したときも、「今年一番、紅白の宣伝をした人なのになあ」と残念だった。

 久しぶりにルーさんを見たところ、昔に比べてソフトに変わった感はあるが、その個性は独特である。これからも活躍して欲しいものだ。

|

« かわいい詩 | トップページ | 習字の思い出 »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/54006178

この記事へのトラックバック一覧です: ルー大柴氏について:

« かわいい詩 | トップページ | 習字の思い出 »