« 夢での博士の言葉 | トップページ | 祖父母と会えて その2 »

祖父母と会えて その1

 一昨日の朝、母方の祖父母の瀬戸内の家に長い道のりの果てに到着した。六年ぶりのことである。みかん農家なのであるが、母をはじめ、子供には次がせなかった。それだけきつく、苦しく、報われないのが、現状なのである。車を庭に停めると、腰の曲がった、それでいてしっかりとした祖母が出てきた。挨拶をして土産を渡し、持参した祖父の好物である、巻き寿司をみんなで食べた。いつものことだが、いい年をして身を固めない私に、祖母はジャブのように他の孫のことを言う。・・・祖母は心配ないなと、逆に私が安心する中、(認知症だと聞いていた)祖父の様子をそれとなく伺っていた(祖父は三年前には農業関係の賞状をもらっているのではあるが・・・)。

 はるか昔の子供の頃、私と弟は、ある事情によって半年強、母方の祖父母に面倒を見てもらった。その時の話になると、祖父が笑いながら、話をしてくれる。私も思い出す限りに話を膨らました。・・・これでとりあえず安心した私は、その後、庭で祖父と二人で様々な話をした。いろんな話をしているうちに、どんどん祖父の表情が笑顔になってゆき、声の張りも良くなってゆく。安心と同時に、嬉しくて、やはり話を膨らます私。しかし、この時季というのは、みかん農家にとっては、かき入れ時、(祖父母は一日空けていてくれたようではあるが)我々家族は昼頃には出発することになった。

 あれもこれも持って行けと、祖父母が言う中、車のトランクは一杯になり、港に向かった。デジカメを忘れた私は携帯で祖父の写真を撮ったが、やはり昔ほど目に強さがない。しかし、祖父も嬉しかったらしく、その後の電話で、私のことを「しっかりしているから大丈夫」と言って、安心して眠りについてくれたらしい。孫として、これほどの喜びはないし、祖父に喜んでもらえて、はるばる私も随行した甲斐があったと、とても嬉しかった。

|

« 夢での博士の言葉 | トップページ | 祖父母と会えて その2 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/54006170

この記事へのトラックバック一覧です: 祖父母と会えて その1:

« 夢での博士の言葉 | トップページ | 祖父母と会えて その2 »