« 年賀状印刷完了 | トップページ | 今朝、父の退院の迎えに »

IHI(旧石播)の情報をつかんで

 IHI(旧石川島播磨重工)の決算訂正と、東証での整理ポスト入りの情報をつかんで驚いた。第一報では、詳細が飲み込めず、今迄、資料に目を通していた。その結果、東証が動いたのは、IHIが訂正有価証券報告書を出したタイミングについて、虚偽記載の恐れがあるとしての処置だということで、とりあえず落ち着いた。内容は海外プラント(セメントプラントなど)での巨額損失が明らかになったというものだった。

 何故私が、一重工の報道に目を見張ったかというと、大学時代の研究室でお世話になった先輩の就職先でもあり、何より、私の親父が病を患うまでに勤めていた会社だったからだ。いわば、私を育ててくれた会社だと言っても過言ではない。もちろん第一報は親父に知らせたが、私には淡泊であった(振る舞ったのかも知れない)。親父が辞めてしばらくは、闘病中にもかかわらず、会社から自宅に何度も相談の電話が鳴った。私はそれほど人材がいないのかと思う一方で、親父に改めて感心した。・・・うちの親父は、なかなか超えられそうにないな、と。だから、倅の私も努力し続けなければならない。

 重工がここまで追い込まれるのは一般的でない。明日の株価が心配ではあるが、社内の一部の人間はおぼろげに知っていたのではないか。それが今回の問題になっている部分でもあるのだから。現在の社長は、やり手だと聞いてはいるが、この際、徹底的に膿を出した方がいいのではないか。・・・親父が現役の頃、トップや企業体質の矛盾は散々聞いてきた。あくまでも私など、第三者であったが、いろんな意味で参考になったのは言うまでもない。

|

« 年賀状印刷完了 | トップページ | 今朝、父の退院の迎えに »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/54006161

この記事へのトラックバック一覧です: IHI(旧石播)の情報をつかんで:

« 年賀状印刷完了 | トップページ | 今朝、父の退院の迎えに »