« 千代大海は勝ちきれるか | トップページ | ネットと子供と »

まずは観察力から

 ずっと前に、ある友人から、「俺は記憶力がいいから・・・」というような話を聞いたものである。私は、それだけでは無いだろと思いつつも、正直マユツバで聞いていた。とりわけその友人に反論もしなかった私は、自分なりに色々と考えてみた。将棋の棋士などの本も参考にした。

 よく考えると、記憶力に先立つ力はあるのだ。私の場合、最初に来るのは「観察力」である。物事を見る目がなければ、何にもならない。次には基本的に「洞察力」が来るのだが、ここで「選択力」が来ても不思議ではない。そしてやっと、「集中力」に結びつくのだが、ここでも「洞察力」を超えた「判断力」が会ってもかまわない。

 その挙げ句に「記憶力」がものを言うのだが、次のステップである「思考力」につながらなければ意味がない。そうして「思考力」は「応用力」へと姿を変える。

 ここで初めて、「決断力」が大切になってゆき、それに伴って結果が出る。結果いかんにせよ、そこで初めて、人間というのは「経験を」得て学ぶのだ。この「経験」は、「記憶力」にも影響するし、「選択力」にも影響する。もちろん、一番大切な「観察力」にもフィードバックされる。・・・固い文章だと自分でも反省しながら、自分なりに考えて結論を書いている模様。

|

« 千代大海は勝ちきれるか | トップページ | ネットと子供と »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/54006143

この記事へのトラックバック一覧です: まずは観察力から:

« 千代大海は勝ちきれるか | トップページ | ネットと子供と »