« まずは観察力から | トップページ | 低温やけどの恐怖 »

ネットと子供と

 以前、既婚の友人三人と飲んだときに、私は質問してみた。「自分達の子供と、ネットとの間に何かしらの制約を設けるか?」と。すると、三人中一人は「物事の分別がつくまでは、ある程度、距離を置くようにする」と答えたのに対し、後の二人は「放任主義でかまわない」という回答であった。もし、私だったら、前者の意見が当然だと思っていたのだが、案外、人によって考え方が異なることに気づかされた。というのも、私以外はみんな、コンピューターに詳しい友人なので、答えも重みを増す。

 私たちの親の世代は、人生の途中でテレビができたが、私たちは生まれながらにして、その存在を認識している。ネットというのも、私たちの世代の途中で出てきたものなのだが、今の子供にとっては、生まれながらに存在している。・・・要は、文明の進歩と共に、新たな文明の利器が出てきて、私たちは、それとどう付き合うかの、付き合い方が問われている気がしてならない。小学校の時の授業で「漫画を読むのは悪いか」とか「テレビを見るのは悪いか」などといった議論をした記憶があるが、要はいいものならば、取り入れるべきだし、悪いものには手を出すべきではない。その、いいものを自分で選べるだけの力が付くまでには、ある程度、年季がいる。また、何がいいものなのかも、人によって定義が異なるから難しい。

 実際、今の世の中、電子メールや携帯電話は必需品であろう。ネットもそうかも知れぬ。しかし、ネットには危険な面も強く、私なら放任することはできない。また、いくら家庭で管理しているつもりでも、友達の家などで簡単にアクセスできてしまうというのも難しい所だ。

|

« まずは観察力から | トップページ | 低温やけどの恐怖 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/54006144

この記事へのトラックバック一覧です: ネットと子供と:

« まずは観察力から | トップページ | 低温やけどの恐怖 »