« 沖縄集団自決問題について | トップページ | 英語喫茶「World is Yours!」 »

健康な人などいない

 健康な人などいないと書いたが、根源的に健康な人などいないと書いているつもりである。つまり、つまらない何かの数値で健康であるか、そうでないかを決めるのはナンセンスな部分もあるのだ。数値というのは、あくまでも基準であって、慰めに過ぎない。なぜならば、「健康である」ということの定義はこの世に存在しないはずだ。医者に掛かる方は、その原点から外れないで欲しい。同時に、医者も人間であることを忘れてはならない。

 別の問題で、医者は健康か?と尋ねられても私は頷かない。いろんな医者を知っているから。医者それぞれに生活があるのも事実である。大概の病気は、健康とされる医者に見てもらうのがいいとは思う。しかし、様々なる深刻な病気で、健康な医者が、身を以て知るということもまれであろう。

 私が医者に求めたのは誠実であることだった。医師としてだけではなく、人間として信用できるかは、この一点に絞っていた。現に、多少の診療ミスがあっても、またその医者に掛かる事が出来る・・・というのは、結局、医者を医師として見るか、人間として見るかということだと感じる。医師も人間である限り、チョンボもすると思う。・・・問題はそれが致命的であるか、そうでないかだ。人生と一緒で、致命的なミスだけはしてはならない。

 私は医師に万能を求めるのはナンセンスだと思う。確かに、医師の言葉は重い。しかし、医師だって生活の中で色々なことがあるだろうし、患者だって、身に覚えのあることが色々あるだろう。やたら責任を医師に押しつけたがる方がいるが、極端な例を除いて、本人にも責任のあることなのだと感じる。患者の狭い視点からの一方的な訴訟が増えている件は遺憾である。「あわよくば」では済まされない。・・・もちろん、C型肝炎問題など、明らかに国や行政に問題があるケースもあるが、地域のお医者さんを、患者が一人前にしてあげようという動きがあるのも事実だ。

|

« 沖縄集団自決問題について | トップページ | 英語喫茶「World is Yours!」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/54006129

この記事へのトラックバック一覧です: 健康な人などいない:

« 沖縄集団自決問題について | トップページ | 英語喫茶「World is Yours!」 »