« 茶漬けの話 | トップページ | アメリカがくしゃみをすれば・・・ »

インフルエンザ予防接種

 今月の上旬にひどい風邪をひいた私は、昨日、インフルエンザの予防接種を受けてきた。ワクチンのlot.No.はインフルビゲンHA0750なのだが、予防接種を二回受けろという病院と、一回で済む病院とがあるのが不思議であった。私は、後者を選んだのだが、どちらにしろ予防接種は小学生の時の強制的なもの以来であったから、懐かしい気持ちがした。

 私はガキの頃、注射が大嫌いで、インフルエンザやツベルクリンなどがあると、前の日から落ち込んでいた記憶がある。低学年の頃は、不安から家で泣いた記憶もある。それから何年も経って予防接種を受けたのだが、ガキの時のトラウマからか、余り乗り気ではなかった。現にこれまで何年も受けていないし、インフルエンザにもなっていない。しかし、風邪で辛い目に遭っているのと、インフルエンザが流行する兆しがあるとの情報から、時間があるうちに受けておこうとは考えていた。そうして、受けてみると、あっという間に終わり、ガキの頃の、あの憂鬱は何であったんだろうとも思った。よく考えてみると、血液検査で血を抜いたりしたことは今迄何回もあったので、注射は嫌いでも、別にたいしたことはないのである。

 驚いたのは、金額で、インフルエンザのワクチン一つ打つのに、三千円近く掛かったことだ。こんなに高額なものであるとは知らなかった。確かに、子供に強制的に予防接種させるのを、国が取りやめた事も頷ける。・・・ただ、インフルエンザはかかったら地獄を見るので、予防接種を受けておくに越したことはない。また、過剰にワクチンに頼りすぎても意味がなく、結局は、日頃から養生しておくに越したことはないだろう。

|

« 茶漬けの話 | トップページ | アメリカがくしゃみをすれば・・・ »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/54006137

この記事へのトラックバック一覧です: インフルエンザ予防接種:

« 茶漬けの話 | トップページ | アメリカがくしゃみをすれば・・・ »