« 低温やけどの恐怖 | トップページ | 唯我独尊について »

テーブルマナーについて

 私と弟が小学生の頃、両親と月に一回外食をしていた。そこではスープの飲み方から、肉の焼き方、ナイフとフォークでライスを食べたりなど、いろいろとテーブルマナーについての基本的なことを教わった。そこで得た経験というのは、後々考えると、案外大きい。

 私が大学三年の時だったと思うが、防衛大学校に在籍していた友人がいた。日本には、軍隊は無いといえど、士官学校ではある。防衛大学校の学生証を見せたら、友人を四人まで横須賀のアメリカ海軍のベースに入れて良いことになっていたらしく、私を含め、友人何人かとで行った思い出がある。まず高級将校のレストランに入り、腹ごしらえをしたのだが、何しろ周りはアメリカ人ばかりである。自分のテーブルマナーに疑問を持った点がいくつかあった。もう一つ痛感したのは、英会話能力を何とかして上げる必要があるとも思った。

 いろんな友人の披露宴に招かれても、日本人同士、あまりテーブルマナーを重視する傾向にないが、迷うのはナプキンの掛け方である。膝に乗せる方もいれば、角っこを襟に引っかける方もいる。自分としては臨機応変に対処してるが・・・。

 塾講師時代、私のせいで迷惑をかけた男子生徒が一人いたので、食事に誘った。その生徒はテーブルマナーや、肉の焼き方さえ知らなかったので簡単に説明した。洋食の場合は、とにかく食器同士で音を立てないのが最低限のマナーだとも言った。・・・そんな私であるが、両親は箸の持ち方がおかしいのに、自力で箸の持ち方をマスターした。たかが箸の持ち方一つでナメられるのが悔しかったからでもある。

|

« 低温やけどの恐怖 | トップページ | 唯我独尊について »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/54006146

この記事へのトラックバック一覧です: テーブルマナーについて:

« 低温やけどの恐怖 | トップページ | 唯我独尊について »