« 浪漫飛行 | トップページ | 就職ひとつとっても »

なじみのガソリンスタンドにて

 今日、父の入院先の病院からの帰り、洗車をした。ガソリンは数日前に入れていたので。そんな中、顔なじみの店長と挨拶を交わし、少し質問してみた。・・・「去年の今頃のガソリンの価格はいくらぐらいでしたっけ?」・・・「よく覚えていないけれど、今年の方が高い。それに来月はもう5円ほど高くなりそうだしね」・・・この言葉に驚いた。その店では努力している分、他のお店より安いのに、そこでも(あくまで予想で)リッターあたり5円も値上げされたらたまらない。慌ててガソリンも入れようとしたが、ほぼ満タンなのに気づき、落ち着く。そこで、エコカーについての見解を多少聞いてみた。「ハイブリッドカーとかが増えてきて、売り上げに影響してますか?」と。すると、「今のところはそれほどでもないけれど、もっとシェアが増えてきたら解らないよ」との返事だった。

 昨日のニュースだったと思うが、アメリカの原油備蓄量に顕著な減少はなく、OPECも増産見込みとのことから、アメリカの原油市場が1バレル100$程度から90$程度にまで売りが殺到したと聞いた気がするのだが。欲の皮の突っ張った連中が原油高を招いているのだから、一気に落ちるとこまで落ちちまえとも思ったが・・・。大元がこうでは、実際の現場ではなかなか値下げしたり、値上げしたりとは行かないもとも感じた。

 現実的に、自分の部屋を見渡しててみると、木材と原油とで創った物が溢れている。部屋中の本・漫画・CD・プラスチックスのボックスに木の椅子と机・・・その他多数。「まずは無駄をなくすことから」の精神で、節約していきたいものだ。

|

« 浪漫飛行 | トップページ | 就職ひとつとっても »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/54006149

この記事へのトラックバック一覧です: なじみのガソリンスタンドにて:

« 浪漫飛行 | トップページ | 就職ひとつとっても »