« 骨を拾う | トップページ | 最高級フランス料理のはずが !? »

昆虫ブーム

 近年の子供の昆虫ブームは、リアルに生き物を慈しむという点と、昆虫を通じて様々な動植物に興味を抱き、それらへの免疫が出来るという点からも、私はいいことだと思う。家でゲームばかりしている子供とは比較にならないぐらい、将来性のあるものだとも思う。今年の友人からの年賀状には、大きなカブトムシの模型に座っている子供さんの写真が載っかっていたし、私の弟の子供も、私が知らない昆虫の名前をたくさん覚えているので驚いた。

 私の家の周りには、まだ森がたくさん残っていて、子供の頃から友達と、虫かごや虫取り網などを持って、トンボやカナブン、カブトムシなどを取りに行ったりしていた。河もあったので、ゲンゴロウなどの水中昆虫や、田んぼの穴ぼこに手をねじ込んでザリガニを捕ったりもしていた。母も、子供は遊ぶのが仕事と、服を汚しても怒られたことは無かった。おかげで昆虫や動植物に免疫が出来たと言ってもいい。  高校二年の夏休み、九十九里に友達何人かで旅行に行った晩、我々は夕食後に酒盛りをしながら色々と話していた。すると、窓の隙間から、やや大きめの蛾が入ってきて部屋中を飛び回った。私以外の友人は免疫が無く、大の男が部屋中で大騒ぎになった。仕方がないので、私が壁に止まっている蛾を、プラスチックのカップで押さえて外に逃がしてやった。みんなの反応を見て、都会育ちだと免疫が無くてかわいそうだと感じた。土の臭いなど知らないのだろうなとも思った。

 いくら昆虫ブームでも、デパートで売るのはどうかと思うし、自分で捕まえるからこそ、愛着も湧く。そういう環境が減った今日だからこそ、昆虫がブームになったのかも知れない。

|

« 骨を拾う | トップページ | 最高級フランス料理のはずが !? »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/54006116

この記事へのトラックバック一覧です: 昆虫ブーム:

« 骨を拾う | トップページ | 最高級フランス料理のはずが !? »