« 正法眼蔵について | トップページ | 哲学について »

左足のこぶ

 少しばかり前に、座禅足を無理矢理組んでいたら、歩けないようになったのだが、その数日後、左足にこぶ(薬指の根っこの方、一円玉ぐらいの大きさ)が出来てしまった。その一ヶ月後に整形外科に行き、注射で抜いてもらった(足の甲で、太い針を刺すので結構痛かった)。そうすると、整形外科の先生が、関節の間の液なのだが、「普通の人はもっと水っぽいんだけれどなあ」と言って、私にそれを見せてくれた。確かに練乳のようなものでもある。

 ここで仮説を立ててみたのだが、その、関節の液体が薄い人の方が体が柔らかく、濃い人は(私も含めて)体が硬いのではないかと、漠然と考えてみた。

 こぶが出来てからは座禅の組み足は出来なくなった。痛みは全くないのだが、これ以上、こぶを大きくすることはしたくない。日常生活に支障はないが、こぶは抜いてもらったときと同じ位にまで膨らんでしまった。こうなると、もう、自分の左足に別の生き物がいるみたいな気分になる。

|

« 正法眼蔵について | トップページ | 哲学について »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/54006088

この記事へのトラックバック一覧です: 左足のこぶ:

« 正法眼蔵について | トップページ | 哲学について »