« さりげない友情 | トップページ | ゴッドファーザー »

What about K.K.K ?

 大学時代、自分の英語能力を測るのと伸ばすために半年くらい英会話スクールに通った。今で言えば、そこも詐欺まがいの授業料の払い込みシステムだったが、当時は巷の話題になっていなかったので、続いていたのだと思う。おそらく今は廃業しているだろう。ただ、そのスクールの面白いところは、講師が話題を決め、最高十人までの予約制で、話したい奴はいくらでも話せるというのが、私の肌に合っていた。Lvは1~4まであり、私はLv.2と診断された。多少の屈辱感はあったものの、私は聞き取りに関しては問題がなかった。喋るときに、言葉を探すのに苦労したぐらいか。他のルームメイトよりは有利な条件だったので、私は思うことをどんどん喋っていた。外人講師もいろんなのがおり、授業はピンキリだった。

 入ってしばらくしての授業で、その時旬だった「地下鉄サリン事件」が起きた。ネタはそれで、その時の講師は、結構、目茶苦茶な白人だった。クラスのみんなが何を言っているのかが、あまり判らないことをいいことに、途中からその講師は言いたい放題に言っていた。黙って聞いていると、「オウムみたいなのを英語では教団ではなく、カルト集団と呼ぶ」とか、「仏教もああなったら単なる過激派だ」みたいなことを語っていた。しびれを切らした私は、その講師に「What about K.K.K ?」と聞いた。そうして、あれはカルトではないのか?過激な差別集団では無いのか?と問いただした。その講師は苦虫をかみつぶしたような顔をして「そうだ」と言った。どこの国にもお家事情はある。ろくすっぽ勉強もしていない外国人に、どうこう言われる問題ではない、という意思表示だったが、彼はまもなくクビになっていた。ちなみにK.K.Kとは(クー・クラックス・クラン)の略で、昔のアメリカの、黒人排斥運動の集団である。

|

« さりげない友情 | トップページ | ゴッドファーザー »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/54006074

この記事へのトラックバック一覧です: What about K.K.K ?:

« さりげない友情 | トップページ | ゴッドファーザー »