« 9.11を思い出す頃 | トップページ | 「不動心」を読んで »

一ヶ月ぶりに

 癌の手術を受けて、入院していた父が、外泊許可をもらい、今週末は家に帰ってきた。現在は抗ガン剤のTS-1の錠剤を飲んで様子を見ているところだ。ただ、聞いた話によると、白血球の値が3000台だったのに2000台まで落ちたとのことで、別の抗ガン剤に切り替えるかも知れないとのこと。

 そんな父を迎えに行くべく、昨日寝付いてから三時間で母に叩き起こされた私は、車を病院まで運転していった。夕べの台風では、私の住んでいる辺りはとりわけ何もなかったが、道路などには木の葉や、様々なものが散乱していた。病院の外で車を止めて煙草を吸っていると、しばらくして、父と母がやって来た。父は私の側に来て、「煙草を一本くれ」と言い、相変わらず懲りていない。そうして、帰りは自分が運転すると言う。

 車は何故か家にではなく、酒屋に向かった。ワイン二本とビールを一ケース買った。・・・やっぱり全然懲りていない。

 そうして、家に戻り、赤ワインを抜いて、私と乾杯。父は久しぶりのアルコールで、顔がすぐに赤くなっていた。癌になっても全然懲りてない父だが、多分、入院中は酒・煙草を楽しみにしていたのであろう。母も私も何も言わなかった。

|

« 9.11を思い出す頃 | トップページ | 「不動心」を読んで »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/54006062

この記事へのトラックバック一覧です: 一ヶ月ぶりに:

« 9.11を思い出す頃 | トップページ | 「不動心」を読んで »