« 縁とシンクロニシティ | トップページ | 弥七君はドライブ好き »

母からの人生訓?

 昔、ガキの頃であろうか、母と近所のスーパーに買い物に行った時のことである。パンを買うというのでついて行ってみると、母は一番奥のパックされた食パンを取っていた。何故かと聞くと、新しいものは後ろにあり、一番手近なものは賞味期限が近いとのこと。今でもそうだが、野菜類なども何を基準にしているのか明確には解らないが、色々と手にとって物色する。ただし、レジでの会計だけは、おつりが多いときも少ないときも正直に申告する。

 そんな母に買い物をするときの鉄則として、「腹が減っているときには買い物をしてはいけない」と教えられた。なんでも、腹が減っていると、なんだかんだで知らないうちに買いすぎてしまうそうである。これは、なにも、食品だけではなく、あらゆる買い物に共通するのかも知れない。腹が減っているときほど、気持ちに余裕が出来なくて、無意識で満腹中枢を満たそうとするのか、買いすぎてしまう。

 この、「気持ちに余裕を作る」というのは実は、とても大切な人生訓かも知れない。裏を返せば、「焦らない」ということだし、人は追い込まれたときほど、「絶対に焦らない」ことが大切なのだと思う。これが逆境を乗り切る上での、一番大切な心がけかも知れないと、しばらく前に考えたことがある。

|

« 縁とシンクロニシティ | トップページ | 弥七君はドライブ好き »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/54006055

この記事へのトラックバック一覧です: 母からの人生訓?:

« 縁とシンクロニシティ | トップページ | 弥七君はドライブ好き »