« 一ヶ月ぶりに | トップページ | 勉強と学問 »

「不動心」を読んで

 ヤンキースの松井秀喜選手の本、「不動心」を読んだ。松井選手がアスリートとしてだけではなく、人間としても一流を目指していることに感激した。読んでいて、自分に足りない部分を、身につけ、自身を変えていきたいという気持ちにさせられた(もちろん心のあり方や、人間としての部分)。

 そんな中で、松井選手が理想の女性像を挙げていた。列挙すると、・健康な人・相手を思いやる気持ちを持っている人・自分と同じ価値観を持っている人・遠征が多いのでひとりでいることに耐えられる人・食べることが好きなので、できれば料理の上手な人 が理想だと書いてある。この五つの条件を読んで、松井選手の理想が高すぎると思う方はいるだろうか・・・? よく考えてみれば当たり前のことを言っているのに過ぎない気がする。

 今時の女性はどうのこうのと書いても、意味がないので書かないが、女性で結婚願望がある方は、上の条件をクリアすることが出来たら、その思いが叶いやすくなるのではないだろうか。

 もちろん、男の方もナヨナヨしてばかりでないで、男らしく、しっかりとするようにしなければならないことはいうまでもないが・・・。

|

« 一ヶ月ぶりに | トップページ | 勉強と学問 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/54006063

この記事へのトラックバック一覧です: 「不動心」を読んで:

« 一ヶ月ぶりに | トップページ | 勉強と学問 »