« 耕すばあちゃん | トップページ | 野グソの作法 »

河童淵

 遠野の河童淵には哲学的な重みがあった。それでいて、蕩々と流れている。何時間でも座っていたい場所だった。しかし、あとで畑を耕していているばあちゃんの孫が7つの時に落ちて流れて亡くなったらしい。やがて、そろそろ行こうかというときに、ばあちゃんは左手を差し出した。僕はわざと右手を差し出した。ばあちゃんの手が汚れているのは知っていたが、ばあちゃんには、「ばあちゃんの勲章だよ」と言い、力を込めた。別れの時に、ばあちゃんは「またあおう(方言分からない)」と言ってくれた。私も「さようならと」言うのをやめて「ではまたどこかで会おうね」と言って別れた。

|

« 耕すばあちゃん | トップページ | 野グソの作法 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/54006027

この記事へのトラックバック一覧です: 河童淵:

« 耕すばあちゃん | トップページ | 野グソの作法 »