« 野グソの作法 | トップページ | 新渡戸稲造資料館にて »

朝青龍と報われない力士達

 横綱朝青龍に秋場所と九州場所、11月までの謹慎処分が下されたが、当然であろう。土俵上は白と黒の世界、だからといって、勝てばいいというものでもない。力士を志した多くの若者達は、無論、横綱とまでは行かないまでも、関取(十両以上)を夢見ているのではないか。最終的には関取にもなれずに、やめていく力士も多いだろう。しかし、あれだけの体格を持った、やめていった力士達には、再就職が難しいことも予想される。・・・そういう報われない力士達の頂上にいるのが横綱である。様々な男達の無念の上に成り立っていることを忘れないで欲しい。  また、巡業を休むということも問題である。これはお客さんあっての大相撲ということを全く意識していないとも考えられる。頂上にいる横綱が模範とならねばならないのに、今回の朝青龍の振る舞いは下の人に示しが付かないどころか、巡業そのものをしらけさせる。  相撲協会も厳罰にするべきか悩んだであろう。やっと横綱が二人出て、新大関の琴光喜が誕生し、人気も復興気味になっていた中でのことであるから。・・・もし、今後このような事態が繰り返されるならば、横綱としての品格の面から許されることはでないことを肝に銘じて、これからも大相撲を楽しませて欲しい。

|

« 野グソの作法 | トップページ | 新渡戸稲造資料館にて »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/54006029

この記事へのトラックバック一覧です: 朝青龍と報われない力士達:

« 野グソの作法 | トップページ | 新渡戸稲造資料館にて »