« 銀行員の電話応対 | トップページ | パソコン嫌いの私が・・・ »

機械科なのにパソコン音痴

 私は某大学の機械科を卒業した。そのころ深く話をしていた友人とは今でも交流がある。ところが何故か、私だけパソコン音痴なのだ。基本的なことは大体判っているつもりだが、友人達はそれをビジネスにしてしまうくらいすごいのである。

 私が車のエンジンについて興味を持ったのが中三の時。その時は教科書から専門書まで読んでいた。結果も付いてきて、その一年は技術は全部10であった。それまで、私は車はモーターで動くものだと勘違いしていた。あらゆる車のプラモデルは全部、電池とモーターで組み立てていた。だから、内燃機関についてハマったと同時に、「よくこれで吹っ飛ばないな」などと考えてもいた。また、エンジンの機関についてもレシプロとロータリーがあり、特にロータリーエンジンの幾何学的美しさに感動した。そんなこんなで機械科に進んだ。

 友人達によると、パソコンも(車の)マシンみたいなものだと言う。言われてみればそんな気もするのだが、とりわけ興味をそそられない。パソコンをタワーで組み立てたり、水冷式にしたりという話も聞いたが、私はそこまでこだわれない。ただの便利な道具として使っている。困るのは、トラブルが起きたときで、友人に何回助けてもらったか判らない。

 私にはパソコンを車と同じようには考えられないのが本音だ。ただ、これだけ便利な道具なんてないよな、とは思う。何せ昔はワープロ単体で売ってたりしたんだから。ちなみに、私はブラインドは出来ないが、昔、親父が会社から借りてきたものでキーの配置を覚えた(当時は感熱紙だった)。懐かしい反面、時代の推移の早いことに、ただただ驚くだけである。

|

« 銀行員の電話応対 | トップページ | パソコン嫌いの私が・・・ »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/54006044

この記事へのトラックバック一覧です: 機械科なのにパソコン音痴:

« 銀行員の電話応対 | トップページ | パソコン嫌いの私が・・・ »