« 河童淵 | トップページ | 朝青龍と報われない力士達 »

野グソの作法

遠野のガソリンスタンドで、その日の12時30分~のNHKの放送「どんど晴れ」で遠野をやるということで、私は車を走らせ、電波状況のいい地帯へと移動した。あと15分で始まるというときに、急激な腹痛に襲われた。大慌てで「野グソ」が出来そうな場所を探した。条件は、誰にも見られず、車の陰ででき、迷惑が掛からないところだ。「もう限界だ」という時に、バラック小屋が見付かった。まわりに人の気配はない。車を小屋の壁沿いに止め、エンジンも切らずに、ティッシューペーパーを持って駆けだした。まわりに人の気配はない。安心して「野グソ」を満喫した。野グソは迷惑をかけない限り、自然との一体感がある。なかなかいい案配であった。そしてまた場所を移動してから、「どんど晴れ」をじっくりと見た。遠野の名所が映っており、観光の道しるべとなった。   これと同じにしていいのか分からないが、ワシントン見物をしていた時にも必死に公衆トイレを探したのであるが見付からない、やむを得ず、ホワイトハウスの脇のブッシュ(茂み)で「野グソ」をしたことがある。当時は紙がなかったので、やむを得ず、持っていたガイドブックの、もういらないというページを破いて、揉んで用を足した。外人の親子連れと目があったが、向こうも知らない振りをしてくれた。その時は正直言って情けなかった。ホワイトハウスの横なんかだと、人の気配がない所なんてないんだから。   結論としては、誰にも見られない限り「野グソ」は、きわめて人間的かつ自然な行為であり、すてきなもんだというのが私の意見である。

|

« 河童淵 | トップページ | 朝青龍と報われない力士達 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/54006028

この記事へのトラックバック一覧です: 野グソの作法:

« 河童淵 | トップページ | 朝青龍と報われない力士達 »