« バイオリンの神童 | トップページ | 絶対に負けられない »

本のオーバーフロウ

 買うことが決まっている本ならば、ネットのアマゾンで購入するのだが、何分、アマゾンでは立ち読みが出来ない。従って、新刊本のチェックの意味でも、周期的に近所の本屋に出かける事になる。まず、入り口の横積みされている新刊本をチェックする。しかし、大概は手に取らず、そのまま次の雑誌コーナーに行く。ここは人が溢れているゾーンなので長居はしない。必要な情報だけを仕入れる。よっぽど必要でない限り、購入することはほとんどない。その後、様々なコーナーを回るのだが、「これは!」という本に出会うと、内容を何度も確認してから、買おうか買うまいかで悩む。大方は頭を冷やすために、とりあえず元の場所に戻す。そうしてまた徘徊を始める。時に本のタイトルに惹かれることもある。そんな時は、まず筆者が誰なのかをチェックする。「はずれ」覚悟で手に取り、斜め読みをする。大方、「はずれ」で、すぐに元の所に戻す。文庫本のコーナーは割合、入れ替わりが少ないので、新しく入っている物を中心に物色する。文庫本の場合、単行本に比べ、比較的、値段が安いのでありがたいのだが、実際に買って、自宅で読むかどうかを考えてしまう。例えば岩波の哲学書などは、その場で面白みを感じても、一晩寝ると、どうでも良くなってしまうケースが多い。そんなこんなで大概はチェックだけで、手ぶらで帰ることが多いのだが、悩んだ末に買うと決めた本はスパッと買ってしまう。もし、買いたい本が多すぎるときは、足が棒になるまで立ち読みを続ける。本屋に数時間居ることも、たまにだがある。

 会計の際に、「ブックカバーはいかが致しますか?」と聞かれるのだが、昔は付けてもらっていた。外で読む時のことを考慮して。しかし、本棚にある本、全てにブックカバーが付いていると、どこにどんな本があるのかが解らなくなってしまい、資料として使いたい時にいちいち確認するのが面倒なのと、整理整頓が難しく、下手をすると同じ本を二度買ってしまう危険性があるのとで、ブックカバーは付けてもらわないにようになった。

 最近、本の購入量がかなり落ちたのだが、これは上述の通り、本当に大切だろう本しか買わなくなったためである。それまで、読むペースの倍以上のペースで本を購入していた。当然、読まなければならない本ばかりが増えてしまい、到底こなしきれなくなったというのが本当のところである。また、私の本の読み方も気ままで、一気に読んでしまうものと、そうでないものがある。一気に読んでしまう物は、大体その後も何度も読む本になる。ちょっとずつ読む本というのは、その時の気分で選ぶため、何冊も並行して読むことになる。現在、並行して読んでいる本は少なくとも二十冊はあると思う。もちろんそれぞれを正確に覚えているわけではない。イメージで捉えているというのが正直なところだ。

 並行して読んでいる本の中には、空き時間の有効利用のためのものがある。一度、サウナで文庫本を読んでいたら、ページを繋ぐ’のり’の部分が溶け出し、バラバラになってしまったことがあった。その時は泣く泣く、買い直した記憶がある。

|

« バイオリンの神童 | トップページ | 絶対に負けられない »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/54005989

この記事へのトラックバック一覧です: 本のオーバーフロウ:

« バイオリンの神童 | トップページ | 絶対に負けられない »