« 仏画の慈悲に支えられ | トップページ | モーツアルトを聴くと »

あの頃の生徒諸君よ

 あの頃の生徒諸君よ

今でも元気にしているだろうか

当時、私が知ってもらいたかったことに                                  

気付いただろうか?

 否応なく気付かされたものも多いであろう

おそらく諸君の大半は汗水垂らして働いているのではないか?

生活や様々な事情によって・・・

それでも、諸君等の心は濁ること無い様に祈っている

 忘れるな!

親御さんや温かな身内によってあの頃があったことを!

 嘘をついていた子も、そうではなくなっていると

信じている

 人をいじめていた子も、そうではなくなっていてほしいと

信じている

 あのころ、

俺は願っていた

諸君等が新たな波となって

怒濤となって、我々を追い越してゆくことを・・・

 君達は応えてくれているだろうか

様々な人々の願いに・・・

 裏切ってはいないか?

自分自身を・・・

 つらいときでも耐えろと俺は言った

なぜなら

人間なんて

我慢が歩いているようなものだから・・・

 暗い巷を吹き飛ばすように歌え!とも俺は言った

なぜなら

あらゆる世界に於いて

常識ほど無責任なものはないのだから・・・

 輝きや 悔しさや 痛みや 感謝を

忘れた者は

俺は見捨てる

人間として認められないからだ

 そうだ

僕に、

何で生きているんですか?

と聞いてきた子もいたね

 それに普遍的な解はない

でももし君が

ある、やさしい女の子に出逢ったとき

もどかしい気持ちを止められないのと

同じ事だと

僕は思う

 今、現在、自分を振り返るに

あれから、

なんという愚かな時間を過ごしてきたのかと

俺は嘆く

 どうか諸君よ

まっすぐな道を行け

どうせゆくなら

ど真ん中を歩いてゆけ

 無責任な者達に

後ろ指を指されてもいい

バチは当てるものではなく

当たるものだから

 老いた私は願う。

「誇り」という揺るぎない信念を持って

今を懸命に生きると同時に、

かつて私たちがしてきたように

諸君等が、後の世代へと、

新たなバトンを

渡してくれることを

|

« 仏画の慈悲に支えられ | トップページ | モーツアルトを聴くと »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/53969767

この記事へのトラックバック一覧です: あの頃の生徒諸君よ:

« 仏画の慈悲に支えられ | トップページ | モーツアルトを聴くと »