« 約束から早四ヶ月 | トップページ | チーフごめんな »

プライドと名誉と

 スポーツなどに興味が深まれば、自然と「ひいきのチーム」などが個人々々に出てくる。ところが、この、「ひいきのチーム」について、知人や同志なら気軽に話せても、見知らぬ集団の中で話すのは少し気が引ける。例えば、客商売でTVを置いている店のマスターなどがそうだ。この場合、通っているうちに自然と気配で判るものだから、その仕草を眺めながら呑むのも一興かもしれない。

 当然ながら、好きなチームをはっきり言う人に、その反対のことを言ったら気まずくなる。ましてや、逆に言い返そうものなら、火に油を注ぐようなものだ。しかし、これはプライドの問題ではないだろう。なぜならば、実際にプライドと名誉を賭けて戦っているのは画面向こうの選手達なのだから・・・。

 では、プライドと名誉はどういう関係なのか・・・?

 考えるに、「プライド」とは「我が儘でない確固たる信念に基づいた誇り」であり、「名誉」とは、ある人(々)の「プライドをくすぐる(くすぐられる)もの」、ついでに書くと、「尊厳」とは、人に当てはめる場合、「その人が神から与えられた存在としての冒しがたい軸」という気がします。

 勝負師の真剣勝負(なかなか無い)は己の全存在を賭けたプライドのぶつかり合いだから、見ている方も手に汗握るのでしょうね。

 

|

« 約束から早四ヶ月 | トップページ | チーフごめんな »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/53969757

この記事へのトラックバック一覧です: プライドと名誉と:

« 約束から早四ヶ月 | トップページ | チーフごめんな »